Blacky Blog

外資系IT企業でエンジニアをしています。 ここでは自分が読んだ本、勉強していることなど None Tech の情報を発信しています。

IT プログラミング

[初心者向け] Java 独学: 1. 基礎を理解する

投稿日:5月 20, 2019 更新日:

では最初に Java の基礎を学びます。 Java って難しいイメージないですか?

[初心者向け] Java 独学: 1. 基礎を理解する

このシリーズは、Java を独学で学んでいただける方法で、初心者でも開発者としてのベースの知識ができます。実際に手を動かせるよう環境設定の方法も載せています。Java のサイトや本を読んで学んだだけの方でも、挫折せず、自分で手を動かせるような構成にしていますのでおすすめの方法です。更に、今回は Java をベースに書きますが、Java と同様であるオブジェクト指向言語のC言語、C++、C# にも役立ちます。是非トライしてください。

CodeCampGATE

まだ事前準備を実施されていない方は事前準備を実施してから読まれることをお勧めします。

ステップ1. Java アプリケーションを実行する。

改めて事前準備で作成したサンプルを実行してみましょう。”Hello World!!” が出力されたことがわかります。

ではコードを解説していきましょう。

/// Test クラス
public class Test{
    // Main メソッド
    public static void main(String[] args) {
        System.out.print("Hello World!!");  // "Hello World" を出力
    }
}

ポイント1. アプリケーションを実行するには Main メソッドが必要

まず、どんなアプリケーションでも必ず Main メソッドが必要です。これは Java だけでなく、C# など他の言語でも同様のことが言えます。

Main メソッドは、Javaコンソールアプリケーションの起動時に呼び出される最初のメソッドです。Main メソッドは書き方が決まっています。Javaランタイムは、アプリケーションの起動時に実行するメソッドを決定するときに、このシグネチャを持つメソッドを探します。

1. Public にすること

Public は、他のクラスからもアクセスしてもいいことを意味しています。他に Protected/Private などがあり、同じクラスまたは派生クラスのみ利用可能で他のクラスからはアクセスできません。 つまり、Javaランタイムによって Main メソッドが呼び出すことができなくなります。

2. Statics を付けること。

Statics は静的であることを意味しています。静的アクセス修飾子を使用すると、そのインスタンスを作成せずにメソッドを呼び出すことができます。

3. 引数は String 配列(= Strings[] args )にすること。

Javaでは、Main メソッドで String 配列のみを受け入れる必要があります。アプリケーションを起動したときに Java アプリケーションへ引数を渡すことができます。int や String ではなく、String 配列にする必要があります。

ポイント2: 文字列を出力する。

Main メソッドは、”Hello World!!” という文字列を出力しています。

出力するために System.out.print メソッドを引数に出力したい文字列とともに 実行しています。

ステップ2. 現在の日付を出力する。

では続いて、文字列だけでなく現在の時間も出力してみましょう。

ポイント1. 日時を扱うクラスを使えるようにする。

import java.time.LocalDate;

これは、Java.time パッケージにある LocalDate クラスを使えるようにしています。名前の通り、現在の日付に関する操作できます。

このように準備されている Java パッケージから使いたいものをインポートすることでプログラミングがしやすくなります。

Hello World!!の後ろに現在の日付を付けてみましょう。

        System.out.println("Hello World!!" + LocalDate.now().toString());

すべてのコードは以下の通りです。

import java.time.LocalDate;

/// Test クラス
public class Test{
    // Main メソッド
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println("Hello World!!" + LocalDate.now().toString());  // "Hello World" を出力
    }
}

まとめ

Java アプリケーションの基礎を学んでいただきました。

Main メソッドの必要性や、なぜ Public なのかといった理由を理解いただきました。

また、準備されているパッケージを利用すればプログラミングがしやすくなることがわかりました。

いろいろお試してみてください。

CodeCampGATE

-IT, プログラミング
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[初心者向け] Java 独学: 2. データ型、変数、式を理解する: 配列を操作する

みなさん、こんばんわ。 このシリーズは、Java を独学で学んでいただける方法で、初心者でも開発者としてのベースの知識ができます。実際に手を動かせるよう環境設定の方法も載せています。Java のサイト …

[初心者向け] Java 独学: 4. オブジェクト指向: クラス

みなさん、こんにちは。 このシリーズは、Java を独学で学んでいただける方法で、初心者でも開発者としてのベースの知識ができます。実際に手を動かせるよう環境設定の方法も載せています。Java のサイト …

[初心者向け] Java 独学: 3. フロー制御: 分岐: その 3

みなさん、こんにちは。 このシリーズは、Java を独学で学んでいただける方法で、初心者でも開発者としてのベースの知識ができます。実際に手を動かせるよう環境設定の方法も載せています。Java のサイト …

ネットワークエンジニアとしての基礎: 3. プロトコルとサービスの理解: OSI モデル

みなさん、こんにちは。 このシリーズは、ネットワークエンジニアとしてスキルを身に着け、転職する方やフリーランスとして働く方に向け、ネットワークエンジニアとして必要なスキルを学ぶための入門シリーズです。 …

[初心者向け] Java 独学: 4. オブジェクト指向: インスタンス化して使用する

みなさん、こんにちは。 このシリーズは、Java を独学で学んでいただける方法で、初心者でも開発者としてのベースの知識ができます。実際に手を動かせるよう環境設定の方法も載せています。Java のサイト …