Blacky Blog

外資系IT企業でエンジニアをしています。 ここでは自分が読んだ本、勉強していることなど None Tech の情報を発信しています。

IT ネットワーク

ネットワークエンジニアとしての基礎: 1. インフラストラクチャの理解: 概念

投稿日:6月 12, 2019 更新日:

みなさん、こんにちは。

このシリーズは、ネットワークエンジニアとしてスキルを身に着け、転職する方やフリーランスとして働く方に向け、ネットワークエンジニアとして必要なスキルを学ぶための入門シリーズです。ネットワークのサイトや本を読んで学んだだけの方でも、挫折しないおすすめの方法です。

フリューゲル

ネットワークエンジニアとしての基礎: 1. インフラストラクチャの理解: 概念

では早速最初にネットワークのインフラストラクチャーの概念について見ていきましょう。インターネット、イントラネット、エクストラネットの違いが分かるようになります。

インターネットとは

インターネットとは、単に「ネット」とも呼ばれ、世界規模のコンピュータネットワークシステムです。許可を得れば、任意の1台のコンピュータのユーザーが他のコンピュータから情報を入手できるネットワークのネットワークです。 ようは、インターネットは世界どこからでもアクセスできて、アカウントもっていればショッピングサイトで買い物をしたり、動画を見たりできますよね。そのネットワーク上に基盤のことをインターネットといいます。

インターネットの特徴があります。それは、メッセージが複数の方向にルーティングまたは再ルーティングされる可能性があるため、軍事攻撃またはその他の災害の際にメッセージの一部が破壊されてもネットワークが機能し続けることです。 つまり、インターネットは、一度送信したデータが破損したりしてもネットワークが機能し続けるという特徴があります。

フリューゲル

ルーティングとは?

ルーティングは、送信元から宛先にデータを送信するときの経路を決めたり制御したりする仕組みのことです。

イントラネットとは

企業内に含まれるプライベートネットワークです。 通常、イントラネットには、1台以上のゲートウェイコンピュータを介した外部インターネットへの接続が含まれます。イントラネットの主な目的は、従業員間で会社情報とコンピューティングリソースを共有することです。 イントラネットを使用して、グループでの作業や電話会議を容易にすることもできます。ようは、社内にいる人が社内のシステムにアクセスすることを目的としたネットワークです。

エクストラネットとは

インターネットにもイントラネットにもアクセス出来るネットワークです。エクストラネットは、社外のユーザーに拡張された会社のイントラネットの一部と見なすことができます。 例えば、在宅勤務の社員や外回りの営業社員が社内のシステムやサイトにアクセスするときには、このエクストラネットにアクセスすることになります。

仮想プライベートネットワーク(VPN)

エクストラネットを使うときに必要になってくるのが、仮想プライベートネットワーク(VPN)。公共のインターネットなどの安全性の低いネットワーク上で安全で暗号化された接続を作成するプログラミングです。インターネットは公共性が高いので、だれでもアクセスできる一方、顧客情報や企業に秘密情報をやり取りするときは見られたり盗られたりしないよう工夫が必要です。

VPN は、セキュリティ手順とトンネリングプロトコルを介してプライバシーを維持しながら、共有の公共インフラストラクチャを使用して機能します。 実際には、プロトコルは、送信側でデータを暗号化し、受信側でそれを復号化することによって、正しく暗号化されていないデータは「入る」ことができない「トンネル」を通してデータを送信する。 セキュリティを強化するには、データだけでなく、発信元および受信元のネットワークアドレスも暗号化します。

ファイアウォール

ファイアウォールは、どのデータパケットがネットワークに出入りできるかに関する一連の規則を強制するソフトウェアまたはファームウェアです。 ファイアウォールは、トラフィックをフィルタリングし、公衆インターネット上を流れる悪意のあるパケットがプライベートネットワークのセキュリティに影響を与える可能性があるというリスクを軽減するために、さまざまなネットワークデバイスに組み込まれています。 ファイアウォールは、スタンドアロンのソフトウェアアプリケーションとして購入することもできます。

まとめ

インターネット、イントラネット、エクストラネットの概念を理解できたでしょうか。また利用する際には、VPN をつかってセキュリティ手順とトンネリングで安全なネットワーク利用ができるよう工夫されていることがわかりました。

フリューゲル

-IT, ネットワーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ネットワークエンジニアとしての基礎: 2. ハードウェアの理解: メディアの種類

みなさん、こんにちは。 このシリーズは、ネットワークエンジニアとしてスキルを身に着け、転職する方やフリーランスとして働く方に向け、ネットワークエンジニアとして必要なスキルを学ぶための入門シリーズです。 …

[初心者向け] Java 独学: 4. オブジェクト指向: メソッド

皆さん、こんにちわ。 このシリーズは、Java を独学で学んでいただける方法で、初心者でも開発者としてのベースの知識ができます。実際に手を動かせるよう環境設定の方法も載せています。Java のサイトや …

ネットワークエンジニアとしての基礎: 2. ハードウェアの理解: スイッチ

みなさん、こんにちは。 このシリーズは、ネットワークエンジニアとしてスキルを身に着け、転職する方やフリーランスとして働く方に向け、ネットワークエンジニアとして必要なスキルを学ぶための入門シリーズです。 …

[初心者向け] Java 独学: 3. フロー制御: 分岐: その 1

みなさん、こんにちは。 このシリーズは、Java を独学で学んでいただける方法で、初心者でも開発者としてのベースの知識ができます。実際に手を動かせるよう環境設定の方法も載せています。Java のサイト …

ネットワークエンジニアとしての基礎: 3. プロトコルとサービスの理解: OSI モデル

みなさん、こんにちは。 このシリーズは、ネットワークエンジニアとしてスキルを身に着け、転職する方やフリーランスとして働く方に向け、ネットワークエンジニアとして必要なスキルを学ぶための入門シリーズです。 …