Blacky Blog

外資系IT企業でエンジニアをしています。 ここでは自分が読んだ本、勉強していることなど None Tech の情報を発信しています。

IT ネットワーク

ネットワークエンジニアとしての基礎: 1. インフラストラクチャの理解: LAN

投稿日:6月 13, 2019 更新日:

みなさん、こんにちわ。

フリューゲル

このシリーズは、ネットワークエンジニアとしてスキルを身に着け、転職する方やフリーランスとして働く方に向け、ネットワークエンジニアとして必要なスキルを学ぶための入門シリーズです。ネットワークのサイトや本を読んで学んだだけの方でも、挫折しないおすすめの方法です。

ネットワークエンジニアとしての基礎: 1. インフラストラクチャの理解: LAN

LAN という言葉を一度は聞いたことがあると思います。「そのパソコンを LAN にさして」とか言ったりします。LAN ってそもそも何でしょうか。

正式名は、ローカルエリアネットワーク(LAN)。同じ通信回線(有線または無線)を共有するコンピュータや関連するデバイスのグループのことです。なので社内のLANにつながったパソコンやプリンターを総じてLANといいます。つないだパソコンやプリンターは共有されます。

フリューゲル

LAN スイッチ

会社でデスクワークしている人は、初めてパソコンを支給されたら LAN に繋げたことがあるかと思います。方法は2つで有線でつなぐか無線でつなぐか。有線の場合、以下のような線をパソコンと四角い箱の穴に刺したと思います。その四角い箱のことを LAN スイッチといいます。

LAN ケーブル
LAN スイッチ

LAN スイッチとLANケーブルをパソコンにつないだら “フレーム” というのが流れます。ネットワークに流れているデータの単位をフレームといいますがフレームには、送信したいデータ、宛先の MAC アドレス、送信元は誰かの情報が入っています。

例えば、パソコンAとプリンターXがLANスイッチでつながっているときに、パソコンAから何か文書をプリンターXに印刷を指示した場合、フレームには、1.プリンターXのMACアドレス、2.送信元であるパソコンA、3.印刷する実際のデータがフレームに含まれます。

VLAN

では、もう少し大きな会社で考えてみましょう。

基本的に会社のネットワークは全社員でつながっているはずですが、一方、この部署は特殊な仕事をしていて、会社のネットワークとは異なるLANで作業したいというなものもあります。

その時に、LAN スイッチを2つ用意して分けるという方法がありますが、これはLANスイッチを用意しないといけないですね。そこで同じLANスイッチでも仮想的にLANを分ける方法をVirtual LANといいます。

やり方は、LANスイッチ8つのポートのうち、1-4は全社LAN。5-8は特殊部署LANのようにすることで、物理的な装置を用意せず、フレームの流れを分けることができます。他にもVLANの構成の方法はいくつかありますが目的は疑似的に分けるためです。

WAN

WAN という言葉も聞いたことありませんか。 WAN (Wide Area Network) は、一つ以上の LAN で構成された広域のネットワークのグループの呼び方です。一般的には、企業のWANというと、本社、支社、営業所、工場、データセンターといった物理的に分散している施設のLANをルータなどで繋ぎ、広いネットワークを構成したものをWANといいます。

無線LAN

最近は、モバイルの普及がすごいですね。スマホって有線LAN つなげないですね。穴がないので。無線LANは、モバイルユーザなどが無線(無線)接続を介してローカルエリアネットワーク(LAN)に接続できるものです。

無線LANは無線でやり取りするためデータの暗号化が重要です。盗まれたら困りますよね。そういった安全に無線LANを構成する方法や 技術を指定している規格があります。

IEEE 規格

アイ・トリプルイーきかくと読みます。この規格は、有線や無線LANの技術を指定している機関です。

IEEE 802.xx シリーズがLANの関する規格です。 IEEE 802.11 が無線用で、その他有線要もあります。この規格はネットワーク系の話では必須になってきますので名前は覚えておきましょう。

まとめ

LAN はネットワークを理解する小規模のネットワークになります。会社のネットワークを想像してみると少しずつ実感わいてくると思います。

フリューゲル

-IT, ネットワーク
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

[初心者向け] Java 独学: 2. データ型、変数、式を理解する: 配列を操作する

みなさん、こんばんわ。 このシリーズは、Java を独学で学んでいただける方法で、初心者でも開発者としてのベースの知識ができます。実際に手を動かせるよう環境設定の方法も載せています。Java のサイト …

ネットワークエンジニアとしての基礎: 2. ハードウェアの理解: ルータ

みなさん、こんにちは。 このシリーズは、ネットワークエンジニアとしてスキルを身に着け、転職する方やフリーランスとして働く方に向け、ネットワークエンジニアとして必要なスキルを学ぶための入門シリーズです。 …

[初心者向け] Java 独学: はじめに

皆さんこんにちは、Blackyです。 これらからシリーズでプログラミング言語の Java を学んでいただける記事を書いていきます。Java って難しいイメージないですか? これを読めば、Java を独 …

[初心者向け] Java 独学: 5. コンパイルとデバッグ: エラーの種類

みなさん、こんにちは。 このシリーズは、Java を独学で学んでいただける方法で、初心者でも開発者としてのベースの知識ができます。実際に手を動かせるよう環境設定の方法も載せています。Java のサイト …

[初心者向け] Java 独学: 2. データ型、変数、式を理解する: 算術演算子を使う

みなさん、こんにちは。 このシリーズは、Java を独学で学んでいただける方法で、初心者でも開発者としてのベースの知識ができます。実際に手を動かせるよう環境設定の方法も載せています。Java のサイト …